カテゴリー別アーカイブ: 教科

2年生エクスプレッション③

7月2日の2年生のエクスプレッションの授業は、高校の先生に来ていただき、「『地理』とはどのような学問か自分の考えを持つ」ことを目標に、地理オリンピックの問題に挑戦しました。また、先生の経験を元にしたお話を聴きながら、生徒は「地理とは地形や気候のことだけでなく、そこに住んでいる人の生活をみたり、開発コンパスによって考えたりするものでもある」と地理への関心を深めていました。

7月9日は青年海外協力隊の経験を持つ方からお話を聴きました。先生の世界に目を向けたお話やマラウィでの体験談を楽しく聴きながらも、生徒は「自分の目で見て、自分の肌で感じて、体で体験する」ことの大切さやテレビの情報などによって「決めつける」ことの怖さを感じていました。

3年生課題研究

7月8日(水)

 4期生の課題研究も回数を重ねて、それぞれの活動が本格的になってきました。 理科室では黙々と予備実験に取り組む姿、パソコン教室では文献調査やアンケート用紙の作成をしている姿、教室でゼミごとにテーマについて意見を交わす姿…。テーマ決めで悩んでいたときの表情とは打って変わって、生き生きとしています。今年度は休校があり、スタートが遅れましたが、みんなの頑張りで、すばらしい発表が期待できそうです。

2年生エクスプレッション②

  6月18日の2年生のエクスプレッションの授業は、「特定の事象を、多様な視点から捉え考える力を伸ばそう」を目標に、「社会学」の観点から、意識的に「見えないもの」「見えにくいもの」を捉え、「考え、分析する」ことに挑戦しました。生徒からは「見えないものを見ることで新しい発想や思考が生まれた」などの感想がありました。また、6月25日は障害者野球で活躍されている方の話を聴きました。生徒の感想から「『障がいは個性であり、アイディアと発想で可能性が広がる』という言葉がすごく素敵だと思った。」や「可能性を信じることってすごく大切だと思った。自分のスタイルを見つけ、夢や目標を持って人生を生きるのはすごく良いなと感じた。」など、様々な気付きがあったようです。

理科の授業風景〈1年生理科〉

6月26日(金)

 本日の理科の授業では、無脊椎動物の学習をしました。無脊椎動物は、節足動物(昆虫類や甲殻類)と軟体動物(イカやアサリなど)、その他(刺胞動物や棘皮動物)のなかまに分けることができます。 節足動物の中の昆虫類についての授業の際には、生徒に一人一台ずつiPadを使って、インターネット上のサイトを閲覧しながら体のつくりなどを学習しました。特に、NHKが作成している「ものすごい図鑑」というサイトは、昆虫の体の隅々まで観察したり、貴重な写真や動画を観たりすることができるので、お勧めのサイトです。

【G Suiteでの生徒の振り返りより】 ・解剖を初めてしたので、最初は少し怖かったけれどアサリやイカの外とう膜やレンズを写真などではなく、 自分の目で見ることができてとても良かったです。 ・普段食べているだけのアサリも、生き物だということを常に意識しながら解剖すると、別物のように思えて きました。・道具もいろいろあって面白かった。

2年生エクスプレッション

 2年生のエクスプレッションの授業では「視野を広げる・多角的に物事を捉える・世の中を知る」を一学期の目標に、校外の方や津山高校の先生方を講師に迎え、多様な分野の講義やワークショップを実践しています。写真の授業のテーマは、第1回目は「世界史上の『革命』と比べる現代社会」という講義で学びを深めました。第2回目は「鏡による光の反射の仕方を考えよう」というテーマで観察しながら規則性を見つける活動に取り組みました。生徒たちは様々な話題についていろいろと考え、話し合い、自分なりの考えを見つけ出そうと挑戦しています。

野外観察をしました

 理科の授業で6/8に1Bが、6/9に1Aが、校内で野外観察を行いました。 校内に植えてある様々な植物の特徴を観察したり、分類を行ったりしました。 岡山県木であるアカマツ、津山市の木であるクスノキ、葉書きの語源となったタラヨウ、生きた化石と呼ばれるメタセコイアなど、津山中学校には様々な種類の植物が植えてあります。 生徒たちはそれぞれの植物を熱心に観察していました。

学校再開から1週間が経ちました

6月9日(火)

 学校再開から1週間がたちました。今週からは45分授業にもどり、学校生活を送っています。いろいろな疲れも見え始めています。感染予防体調管理には十分に留意し、学校生活の感覚を取り戻していきましょう。

社会科より

 6月8日(月)の1年生社会科で「地球儀と世界地図の違い」という授業を行いました。 地球儀は、実際の地球に対して距離や面積の比率がすべて正しく表されていますが、地図は平面なので正しく表現できない部分があります。今日の授業では、自分で休日にカラーボールとラベルシールで作った「ミニ地球儀」を使って、世界地図のどの部分が正しくないのか考えてもらいました。みな「ミニ地球儀」と地図を真剣に見比べて、世界地図は形や面積、距離などが正しくないことに気が付くことができました。

休校中の様子(5月18日)

5月18日(月)

 本日9時から3年生数人の生徒の協力のもと、リモート「朝の会」の試験運用がありました。生徒から「元気です。」の返事やコメントがあるたびに歓声が響きました。有効に活用できるよう、検討していきます。

 理科準備室では、動画教材を収録される先生の姿がありました。休校中の学習の補助として、いろいろなことに挑戦しています。