カテゴリー別アーカイブ: 科学部

【科学部】優秀賞 集まれ科学の 挑戦者

1月27日(日)に、岡山理科大学で開催された、平成30年度「集まれ!科学への挑戦者」に3年生3名が参加してきました。1年間の課題研究の成果を発表するポスターセッションでした。
60グループのエントリーがあり、そのほとんどが高校生でしたが、高校生に引けを取らない堂々とした発表をすることができました。(津山中からはグループ研究ではなく、個人研究で参加しています。)
表彰では、60グループ中8グループが優秀賞に選ばれるのですが、何と津山中学校から2人の生徒が選ばれました。1年間取り組んできた成果がこのような形で認められ、生徒教員一同とても嬉しく思っています。これからも精進して参ります。

 

 

【科学部】サイエンスチャレンジ岡山に参加しました。

11月10日(土)、きびじアリーナにてサイエンスチャレンジ岡山に参加しました。先日のサイエンスチャレンジ岡山ジュニアを突破し、白陵中学校と合同で高校生に挑みました。筆記競技、実技競技(フィールドワーク・ポリエチレンチャレンジなど)で合計得点による、総合順位を競いました。残念ながら入賞には及びませんでしたが、一日中科学を満喫することができました。

    

【科学部】サイエンスチャレンジ岡山ジュニアに参加しました。

9月29日に岡山大学で開催された、サイエンスチャレンジ岡山ジュニア2018に参加してきました。
3人1組のチーム戦で、実生活・実社会との関連を意識した理科や数学のハイレベルな問題をみんなで協力して解く大会です。全部で18チームの参加がありましたが、見事6位に入賞することができ、来月行われる高校生の大会に中学生代表として参加してきます。また、午後に行われたサイエンスセミナーでは、傘袋でロケットをつくって飛距離を競う競技で、見事1位をとることができました。

【科学部】山の中 生物たちと 夏休み

8月1日(水)、科学部夏休み遠征第2弾は、赤磐市佐伯町にある自然保護センターに行ってきました。

午前中は、生物のプチ講座を聞いたあと、野山や川を駆け巡って昆虫や水中生物を採集しました。
みんな童心に帰り、無我夢中に採集活動を楽しんでいました。
「これぞ日本の夏休み!」という感じでした。

午後は、希望者のみですが、カエルの解剖を行いました。
消化器官や動いている心臓を実際に観察することができ、生物の体について深く学ぶことができました。

皿川で 化石発掘 科学部だ!

4月30日(月)に、科学部初のフィールドワークで、津山市の皿川に化石発掘に行ってきました。
今回は特別講師として、兵庫県古生物研究会代表で、ひとはく(兵庫県立人と自然の博物館)地域研究員の岸本眞五さんに来ていただいて、化石発掘の基礎的な手法について教えていただきました。
9:30~11:30の約2時間の活動で、ビカリアやカキなどの化石をたくさん掘り起こすことに成功しました。
化石を綺麗な状態で掘り起こすことの大変さや、身近な川で化石がとれることの感動などを感じることができました。
今後の科学部の活動で、化石のクリーニングを行ったり、化石標本を作ったりする予定です。

美作サイエンスフェアに参加しました

9月24日(土)、美作大学で行われた「美作サイエンスフェア」に津山中学校の科学部を中心とする生徒14名がブースを2つ出し、参加しました。「試験管に雪が降る」と題して、塩化アンモニウムの再結晶の変化の様子を見て、その試験管をプレゼントしたり、「脳がだまされる」と題して錯視の作品を作成して持って帰ってもらいました。どちらのブースも大勢の参加者でにぎわうことができて、科学の楽しさを伝えることができました。

cimg1385 cimg1386

cimg1389 cimg1395

cimg1398

 

第3回美作サイエンスフェアに参加しました

  9月19日(土)、美作大学で行われた第3回美作サイエンスフェアに津山中学校・高等学校の生徒がそれぞれブースを設けました。津山中学校は第1学年の生徒ばかりでしたが、物質(塩化アンモニウム)の再結晶の様子を紹介し来場者に科学の楽しさを上手に伝えることができました。オラフの装いもかわいいと評判でした。

CIMG2893

 

CIMG2910